木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

本編尺 132 分
メインキャスト 岡田准一 櫻井 翔  岡田義徳  佐藤隆太  塚本高史
小日向文世 薬師丸ひろ子
スタッフ 脚本:宮藤官九郎
プロデューサー:磯山昌
監督:金子文紀
クレジット 製作:TBS ジェイストーム アスミック・エース
配給:アスミック・エース
コピーライト© ©2006映画「木更津キャッツアイワールドシリーズ」製作委員会

事業領域
  • 製作
  • 配給

製作出資作品

STORY

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、
最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

涙がとまらねええええぇぇぇぇぇぇぇ
さよならキャッツ!泣いても笑ってもこれが最後!

余命半年と医者から宣告された"ぶっさん"を中心に、木更津の元高校野球部の仲間バンビ、アニ、マスター、うっちーの5人組が昼は野球とバンド、夜はなぜか謎の怪盗団<木更津キャッツアイ>を結成した。木更津で巻き起こしたドタバタ騒ぎの日々、そしてついに迎えるぶっさんの死。それから3年…。
キャッツのメンバーであるバンビ、うっちー、マスター、アニは、それぞれの道を歩みバラバラの生活を送っていた。しかし彼らは"ぶっさん"にきちんと別れを言えなかった事を、ずっと心に抱えたままだった…。
そんなある日、バンビが「ある声」を聞いたことから物語は大きく動き始め、久しぶりに4人が木更津に集結した。