カギは"360度展開" TVアニメ『重神機パンドーラ』を支えるキーマンたち【第3回】

2018.08.02

 

*インタビューアー:勝田周 *写真:秋元俊一

 

フジテレビの深夜アニメ放送枠「ノイタミナ」にて、2005年放送の『ハチミツとクローバー』から2011年放送の『フラクタル』まで製作に携わり、2016年放送の『ALLOUT!!』で再びTVアニメ製作に参入したアスミック・エース。2018年4月より放送されている『重神機パンドーラ(以下『パンドーラ』)』は、『マクロス』や『アクエリオン』シリーズで多くのアニメファンから絶大な支持を得る河森正治総監督による最新作だ。そんな期待の一作に、アスミック・エースはいかにして関わり、そして今、どのような取り組みをしているのか? ライツ事業本部の秋元俊一、池田幸弘、樺島鉄平、小野美香に、各々の立場から語ってもらった。(全3回)

アニメ作品の宣伝に精通している株式会社リレイションと一丸となって『パンドーラ』の宣伝活動を行っているという。
小野「弊社のプロデューサーとリレイションさんの宣伝プロデューサーの意向をすりあわせたり、ときには制作会社さんとの間に入ったり……。そういった形で『パンドーラ』に参加させていただいています」

その一つの集大成ともいえるのが、2018年3月22日~25日にかけて開催された日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2018」への出展だ。
小野「ビジネスエリアにはずっと出展を続けていましたが『アニメに再参入したのだから、メインエリアにも出展したいよね』という声が上がり、企画会議で発案しました。弊社の上層部も、現場の若手たちからの声に好意的な反応を示してくれて、出展することができました」

ステージイベントは一番大規模な「WHITE STAGE」で先陣を切ることに成功。作品の主題歌を「BUMP OF CHICKEN」が手がけるという発表内容も合わさり、大きな耳目を集めた。とはいえ、初の出展。現場で初めて実感できた反省点もあった。
小野「ブース出展では『もっとお客さんの導線がしっかり動くところに(主人公が搭乗する)メカのスタンディを配置した方がよかったな』などという知見も得られました。今後の改善点ですね」

宣伝のコンセプトは「大作感を打ち出すこと」と「従来の河森作品ファンはもちろん、新規のファンも獲得すること」。だが、それ以前に取り組まなければいけない課題もあった。
小野「繰り返しになってしまいますが、原作がないオリジナル作品というのは認知度が元々高いわけではないという面もあります。2018年4月の放送開始までに、どれだけ認知度を上げられるかが勝負でした」

企画発表時からアニメグッズショップ「アニメイト」と協力体制を敷きPVの上映やオリジナルポスターの掲出を行い、放送直前には街中を走るアドトラックも手配。「AnimeJapan 2018」でメインキャラクターを演じる声優たちが一堂に会したところを狙い、アニメ放送直前カウントダウン用として声優さんの動画撮影も敢行。その動画は作品のTwitter公式アカウントで配信され、大きな反響を呼んだ。だが、宣伝をやればやるほど見えてくるのは、アニメ宣伝の前に小野が携わっていた実写映画との手法の違いだという。

小野「映画は、宣伝を見てくださった方たちが劇場に足を運んでくださればそこで利益が発生しますが、(テレビで視聴するだけなら無料でできる)アニメはそうはいかず、じっくりと長期的に取り組んでいく必要があります」

そこがアニメの宣伝の難しさであり、やりがいでもあるという。大学を卒業し、新卒で初めて就いた職はJR九州の客室乗務員。そこでは観光案内をすることもあり、今と業務は大きく異なれど「対象の魅力を伝え、人を楽しませる」点は共通している。
小野「元々映画が好きで、それが高じて映画宣伝を学びはしましたが、私にとってアニメの宣伝は未知の分野。それでも、思い切って飛び込んでみることにしました」

アスミック・エースに「現状に甘んずることなく、常に新しいチャレンジをし続ける」社風を感じるという小野。自身も同じ信念でアニメの宣伝と向き合い続ける。
小野「アニメの宣伝はまだまだ学ぶことが多く『そんな手があったなんて』といつも思わされています。SNS全盛でアニメ以外にもあらゆるコンテンツが溢れる昨今ですが、アンテナを高く持って作品の魅力やおもしろいものを提示していけたらと思います」

▼「重神機パンドーラ」について

<スタッフ>
原作:河森正治・サテライト/総監督:河森正治/監督:佐藤英一/シリーズ構成:根元歳三
キャラクター原案:江端里沙/キャラクターデザイン:安彦英二/重神機デザイン:河森正治
B.R.A.I デザイン:宮崎真一/デザインワークス:石川寛貢/色彩設計:林可奈子/美術監督:伊
藤聖(STUDIO ARA)/美術設定:青木智由紀、森岡賢一
撮影監督:久保田淳/編集:兼重涼子/CG ディレクター:後藤浩幸
CG スーパーバイザー:原田丈/重神機モデリング:小川朗広(unknownCASE)、渡邉健人、忽帥
モニターグラフィックス:影山慈郎(T2studio)/特殊効果:飯田彩佳/音響監督:濱野高年
音響効果:中島勝大/音響制作:マジックカプセル
音楽:得田真裕、眞鍋昭大/音楽制作:フライングドッグ、ワンミュージック
オープニング主題歌:BUMP OF CHICKEN「シリウス」(TOY’S FACTORY)
エンディング主題歌:BUMP OF CHICKEN「Spica」(TOY’S FACTORY)
挿入歌:西沢幸奏「Meteor」「New Generation」(フライングドッグ)
中島 愛「悲しみと共に」(フライングドッグ)
制作:サテライト

<キャスト>
レオン・ラウ:前野智昭/クイニー・ヨウ:花澤香菜/ダグ・ホーバット:津田健次郎/クロエ・ラウ:東山奈央
グレン・ディン:内田雄馬/ケイン・I・ハサン:石塚運昇/ジェイ・ユン:梅原裕一郎/セシル・スー:茅野愛衣
Mr.ゴールド:檜山修之/ジーク:中村悠一/ワン:近藤孝行/フォー:石川界人
フィオナ:能登麻美子/エミリア・ヴァリ:瀬戸麻沙美/ロン・ウー:石田彰

<放送・配信情報>
TOKYO MX にて毎週水曜23:30~ WOWOW にて毎週金曜21:30~
BS11 にて毎週金曜23:30~ MBS にて毎週土曜27:38~ 好評放送中
Netflix にて日本先行独占配信中/全世界展開決定

契約の時、希望は彼ら(パンドーラ)に託された――
公式サイト:http://www.project-pandora.jp/

©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media

 

好評放送・配信中!