ナチス第三の男

公開日 2019.01.25
英題(原題) HHhH
本編尺 120分
メインキャスト ジェイソン・クラーク、ロザムンド・パイク、ジャック・オコンネル、ジャック・レイナー、ミア・ワシコウスカ
スタッフ 監督:セドリック・ヒメネス 原作:ローラン・ビネ「HHhH (プラハ、1942年)」(東京創元社刊)
クレジット 配給:アスミック・エース
コピーライト© ©LEGENDE FILMS - RED CROW N PRODUCTIONS ‒ MARS FILMS
‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ CARMEL ‒ C2M PRODUCTIONS ‒ HHHH LIMITED
‒ NEXUS FACTORY ‒ BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

事業領域
  • 配給

STORY

本屋大賞第1位!世界的ベストセラー待望の映画化!!
その冷酷さから“金髪の野獣”と呼ばれた男、ラインハルト・ハイドリヒ。彼はなぜ恐ろしい人物へと変貌し、38歳の若さで暗殺されたのか?
史上唯一成功した、ナチス高官の暗殺計画。誰も知らない真実の物語。

ラインハルト・ハイドリヒ。その冷徹極まりない手腕から“金髪の野獣”と呼ばれ、ヒトラーさえもが恐れた男。かつては海軍の兵士だったが、女性問題によって不名誉除隊を余儀なくされ、妻の奨めでナチ党に入党。自分の一部だったものをもぎ取られ、ナチ運動に怒りのはけ口を見つけた男は、諜報活動で頭角を現し、瞬く間に党幹部へとのしあがる。さらに、150万人を超えるユダヤ人虐殺の首謀者として、絶大な権力を手にしていく。一方、この抑止不能な男の暴走を止めるべく、チェコ亡命政府によって選抜された2人の若き兵士が、闇夜に紛れパラシュートでプラハに潜入した。綿密な計画を立てて待つこと数ヶ月、1942年5月27日、遂に決行の朝はやってきた。ハイドリヒを乗せたメルセデスが市街地に入り、路面電車の後から姿を現した――。