「カメの甲羅はあばら骨」2022年映画化・イベント化決定!! 超・ティザービジュアル解禁!

2022.01.20

「えっ! カメの甲羅って人間のあばらなの?」「フラミンゴの逆に曲がった膝の部分は人間でいう足首!?」
動物たちの体のしくみが、人間の体を変形させることでよくわかる、”体感型動物図鑑”「カメの甲羅はあばら骨」(川崎悟司/SBクリエイティブ)。
インパクト抜群な動物人間たちはTwitterなどで話題を呼び、現在までに7刷まで重版し、累計発行部数3万部という、図鑑ジャンルとしては異色のヒットとなっています。

現在はサンシャイン水族館(東京・池袋)にて、特別展「スケ💀ボーン展~meets カメの甲羅はあばら骨~」でコラボ展示を1月30日(日)まで開催中。
生き物たちの秘められた体の内部や透明な生き物をテーマにし、骨・骨格の構造に注目した展示で、
コラボエリア「カメの甲羅はあばら骨ワールド」では、生き物たちの骨格の不思議を、動物人間のイラストパネルでわかりやすく紹介。
イラストと一緒に楽しく学ぶことができます。

そんな本作が、2022年、映画化&イベント化が決定しました!さらに、超ティザービジュアルを公開!
原作書籍の表紙にも登場する”カメ人間”が、まるで今回の発表を喜んでいるかのように大きく手を広げており、一度見たら忘れられないビジュアルとなっています。
また、今回の発表にあたり、原作・川崎悟司氏からコメントが到着しました。

原作・川崎悟司コメント
拙著「カメの甲羅はあばら骨」がとうとう映画になってしまいました。
「カメの甲羅はあばら骨」は、動物の体を人体で表すとどうなるかを試みた本で、
カメ人間をはじめ、ワニ人間、フラミンゴ人間など、異様な動物人間たちが生まれました。
映画ではそんな動物人間たちのそれぞれに個性が加わり、なにげない日常生活が繰り広げられます。
彼らは、見た目はアレですが、心は私たちとそんなに変わらないのでは?と感じました。
ちょっとインパクトの強い絵ですが、たくさんの方に楽しんでほしいと思います。

いったいどんな内容の映画・イベントになるのか?今後の続報にどうぞご期待ください!

【公式サイト】 kame-abara.com
【公式Twitter】 https://twitter.com/kame_abara

©カメの甲羅はあばら骨製作委員会