『漁港の肉子ちゃん』 第45回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞を受賞!

2022.01.19

明⽯家さんまが直⽊賞作家・⻄加奈⼦の⼩説に惚れ込み企画・プロデュースした劇場アニメ映画『漁港の⾁⼦ちゃん』。
『ドラえもんのび太の恐⻯2006』(06)『海獣の⼦供』(19)の渡辺歩が監督を務め、
アニメーション制作を圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持つSTUDIO4℃が⼿がけた、
漁港の船に住む訳あり⺟娘・⾁⼦ちゃんとキクコが紡ぐ感動のハートフルコメディです。
この度、本作が第45回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞を受賞致しました。
授賞式は3月11日(金)にグランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールにて行われます。
今回の受賞を受けて、渡辺歩監督から喜びのコメントが届いています。

☆渡辺歩監督 コメント
数ある作品の中から本作に光をあてて下さったことが何より嬉しく…
驚きと興奮でうまく言葉になりません。
私は密かに山田洋次監督の「幸福の黄色いハンカチ」をバイブルとしてきましたので、日本アカデミー賞は憧れの夢舞台。
映画ファンとしてこれ以上の喜びはありません。
個人的な事を書いてしまうほど今私は非常に興奮しています。ありがとうございました!

<あらすじ>
⾷いしん坊で能天気な⾁⼦ちゃんは、情に厚くて惚れっぽいから、すぐ男にだまされる。
⼀⽅、クールでしっかり者、11 歳のキクコは、そんな⺟・⾁⼦ちゃんが最近ちょっと恥ずかしい。
そんな共通点なし、漁港の船に住む訳あり⺟娘の秘密が明らかになるとき、⼆⼈に、最⾼の奇跡が訪れる――︕

企画・プロデュース:明⽯家さんま
出演:⼤⽵しのぶ Cocomi 花江夏樹 中村育⼆ ⽯井いづみ ⼭⻄惇 ⼋⼗⽥勇⼀ 下野紘 マツコ・デラックス 吉岡⾥帆
原作:⻄加奈⼦「漁港の⾁⼦ちゃん」(幻冬舎⽂庫 刊)
監督:渡辺 歩
キャラクターデザイン・総作画監督:⼩⻄賢⼀
美術監督:⽊村真⼆
脚本:⼤島⾥美
⾳楽:村松崇継
主題歌:稲垣来泉「イメージの詩」 作詞・作曲:吉⽥拓郎 編曲:武部聡志 サウンドプロデュース:GReeeeN (よしもとミュージック)
エンディングテーマ:GReeeeN「たけてん」(ユニバーサル ミュージック)
アニメーション制作:STUDIO4℃
配給:アスミック・エース
製作:吉本興業株式会社
©2021「漁港の⾁⼦ちゃん」製作委員会
公式サイト:29kochanmovie.com
公式twitter:@29kochanmovie