『ナチス第三の男』邦題&日本公開決定! 

2018.08.29

弊社配給の映画『THE MAN WITH THE IRON HEART(原題)』」の邦題が 『ナチス第三の男』 に決定し、2019年1月よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開が決定致しました。また、あわせてポスタービジュアルも完成いたしました!

本作は、本屋大賞翻訳部門第一位/フランスで最も権威のある文学賞ゴング―ル賞最優秀新人賞受賞の世界的大ベストセラー小説「HHhH プラハ、1942年」を基に映画化。ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、“ナチス第三の男”ラインハルト・ハイドリヒ。彼はなぜ恐ろしい人物へと変貌し、38歳の若さで暗殺されたのか?そして、彼の暗殺計画を実行した2人の若き青年の姿とは?ナチス政権に揺さぶりをかけた歴史的瞬間は、それぞれの信念を貫いた、両極に位置する人々によって生み出された。史上唯一成功した、ナチス高官の暗殺計画の真実が今、明かされるー。

 

映像化オファー殺到のなか、映画化権を獲得したセドリック・ヒメネス監督は、怪物・ハイドリヒの人間性に真正面から迫り、特筆すべき歴史的瞬間を忠実に再現。さらに、決して理想を諦めず、自国のために立ち上がった青年らの痛切な運命を瑞々しい心理描写で表現。ナチス側とレジスタンス側の両極に位置する人々の足跡に深く入り込むことで、想像を絶する真実を圧倒的なリアリティで描いた。ハイドリヒを演じるのは、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』など話題作への出演が絶えないジェイソン・クラーク。その妻リナに、『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイク。さらに、若き暗殺実行犯に、ジャック・オコンネルとジャック・レイナー。レジスタンスの恋人役でミア・ワシコウスカら豪華キャストが脇を固め、各々の眼差しが世界を震撼させた激動の時代を浮き彫りにする。

【出演】ジェイソン・クラーク、ロザムンド・パイク、ジャック・オコンネル、ジャック・レイナー、ミア・ワシコウスカ

【監督】セドリック・ヒメネス  2017年 フランス・イギリス・ベルギー合作/120分/カラー/原題:THE MAN WITH THE IRON HEART日本語字幕:松岡葉子

原作:ローラン・ビネ/高橋啓訳 「HHhH プラハ、1942年」(東京創元社刊)

配給:アスミック・エース 宣伝協力:メゾン 後援:チェコ共和国大使館

hhhh-movie.asmik-ace.co.jp

2019年1月より TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開