「重神機パンドーラ」4/4放送開始!主題歌アーティストにBUMP OF CHICKEN!

2018.04.03

主題歌アーティストがBUMP OF CHICKENに決定!OP「シリウス」・ED「Spica」 自身初の2曲書き下ろしタイアップ!

河森正治監督によるTVアニメ最新シリーズ「重神機パンドーラ」の放送がいよいよ4/4より開始します。

先週末(2018/3/24~2018/3/25)に東京ビッグサイトで実施された、AnimeJapan2018にて
オープニング&エンディング主題歌アーティストに、BUMP OF CHICKENが決定したことが発表となりました。
BUMP OF CHICKENがOP・EDを同時に書き下ろすのは初めてという、期待の高まるタイアップとなっています。

今回の楽曲提供について、BUMP OF CHICKENと河森監督にコメントを頂きました。
<BUMP OF CHICKENコメント>
河森監督からのオファーを頂き、とても光栄に思いました。「重神機」という響きになんだかとてもワクワクしました。設定資料を見ただけで感動してしまい、お引き受けすることを決めました。1話のみを拝見させていただきましたが、美しいアニメーションによって描かれたメカやキャラクターたち、世界そのものに一気に惹き込まれました。メンバーで早速語り合っています。我々の楽曲がどのように響くのかも含め、続きがとても気になります。
<河森正治監督コメント>
作品の舞台は、AIやバイオテクノロジーの急速な進化によって、人類が滅亡の危機に瀕した世界です。そこで描きたいのは人類の選択と可能性であり、笑って、泣いて、食べて、寝て、といった、とても人間臭い人と人との関係性です。BUMP OF CHICKENさんは、そんな変容した世界の中でも失われない希望や肌のぬくもりを感じさせる楽曲を作って頂けると思いました。実際に頂いた楽曲は、想像していた以上に素晴らしく、幾千にも広がる可能性のなかで、ひときわ輝く星の光のように、本作を照らしてくれると確信しています。

■TVアニメ「重神機パンドーラ」作品概要
2031年、次世代エネルギーとして開発されていた量子リアクターの暴走事故「翔龍クライシス」により世界は激変した。
突如、地下から広がったその閃光は都市ビル群を吞み込みながら大地を覆い尽くし、
やがて生物、機械、植物を超越・融合した未知なる特異進化生物「B.R.A.I」が出現した。
7年後、翔龍は絶対防衛都市「ネオ翔龍」へと生まれ変わっていた。
驚異的スピードで進化を遂げ人類を滅亡の危機に陥れたB.R.A.Iに対抗する、人類最後の希望の砦である。
運命に導かれネオ翔龍に集う、レオン、クロエ、クイニー、ダグ。
彼らを防衛軍へと迎え入れる、セシル、ケイン、ジェイ、グレン。
そして、人類の存亡をかけて戦う特殊部隊「パンドーラ」が誕生する。
契約の時、希望は彼らに託された――。

▼番組情報
2018年4月4日よりTOKYO MXにて毎週水曜23:30~
2018年4月6日よりWOWOWにて毎週金曜21:30~
2018年4月6日よりBS11にて毎週金曜23:30~
2018年4月7日よりMBSにて毎週土曜27:38~
2018年3月29日よりNetflixにて日本先行独占配信/全世界展開中!